映画「アイアムアヒーロー」を観た感想

投稿日: カテゴリー Movieタグ , ,

こんにちはいなむーです。

先日映画の実写版「アイアムアヒーロー」を観てきました。

※ここから先は若干のネタバレ含みます。

ストーリー概要
主人公の鈴木英雄は漫画家で、アシスタントをしながら、いつか売れる日を夢見ながら日々を過ごしてる。
そんなある日、同棲してる彼女と喧嘩して、家を追い出されてしまう。
次の日、彼女から不思議な電話があり、急いで家に戻るとそこには変わり果てた彼女の姿が…。
そこから街は突然ZQNと呼ばれるゾンビパニックに陥っていく…。

原作との違い
原作では彼女のてっことは仲が良い所から始まりますが、映画では仲が悪くなっている状況から始まります。
また、映画では富士山で知り合ったオジサンとかは出てきません。
他にも、原作と違う所が多々あります。

個人的には
かなり良かったです。
漫画を実写映画化した中では、大成功の部類では無いでしょうか。
テラフォーマーズや進撃の巨人、ちはやふるなど、漫画実写化で叩かれる作品が多い中、アイアムアヒーローは脚本から配役まで素晴らしい作品でした。

主人公役の大泉洋さんのあの良い意味での間抜け感とか、有村架純さんのZQNへ変わる瞬間とか、小田さん役の長澤まさみさんの出来る女感とか最高でしたね。

あと、コロリ先生役でラーメンズの片桐さんだったのは、もともと漫画がこの人をモデルにしてたんじゃないのか!?というくらい適役でした。

脚本も映画で違和感ないような内容に改変されてて、原作と違うところはあれど、むしろよくストーリーがまとめられてました。

CGや特殊メイクもとてもリアルで良かったですね。
ウォーキングデッドの時も感じましたが、特殊メイク技術のレベルがあがりすぎて、スプラッター特有のB級映画感が全く無いなと思いました。

あの監督や脚本家の人、スゴイと思います。
漫画が終わってなかったり、海外の部分とかもあるので、続編は難しいかもですが、これ程のクオリティであれば是非出してほしいところです。

アイアムアヒーローを読んだことがある人も無い人も楽しめると思いますので、オススメです。

以上。