「ラプラスの魔女」を読んだ

連休中に少し前に購入した「ラプラスの魔女」を読んだ。 フランスの数学者のピエール=シモン・ラプラスという人が提唱した「ラプラスの悪魔」という概念から取ったものらしい。 東野圭吾としては珍しく、超科学的な内容だったのでその […]

「WEB+DB Press Vol.92」を読んだ

久しぶりにWEB+DB Pressを読んだ。 この本では、会社の人たちが春からの新人さん向けに組まれた特集を寄稿している。 本当に新卒さん向けというレベルなので、このWeb業界初めてという人向けでもあり、とてもわかりやす […]

東野圭吾の幻夜を読んだ

昨日、やっと東野圭吾の幻夜を読み終えた。 800ページ近くあり、同じく東野圭吾が書いた白夜行のその後の話かもという記事がAmazonに書かれていた。 先週白夜行を読み終えたばかりだったので、すぐに近くのBOOKOFFで買 […]

白夜行

僕は一時期、東野圭吾にドハマリしたことがある。 理由は覚えてないのだけど、多分ガリレオシリーズの「容疑者Xの献身」をテレビで観たからとかだったと思う。 それで、文庫を購入して読んだらむちゃくちゃ面白く、しかも丁度「真夏の […]

二人の距離の概算

古典部シリーズの第5部。 古典部が2年生になり、新入生との話だった。 あまり見慣れない書き方というか、推理小説っぽく1つの時間軸で時間を進めながら、過去を遡って話が進められていった。 今まで中で一番面白かった気がする。 […]