Xiaomi Band2が届いた

以前、会社の人がXiaomiの公式ストアに行った話をブログで拝見したことがありました。

Xiaomiは、中国のAppleと呼ばれるくらい、いわゆる粗悪な中華製品とは一線を画した企業のようで、コスパに優れた製品を展開しているようです。

ブログを書いた@tichiseさんにTwitterでgeekbuying.comを教えていただき、以前から気になっていたXiaomi Band2を思い切って購入することにしました。

1/20にgeekbuying.comで購入して、途中、Paypalの情報に不備があったのか、サポートチームより英語のshipping addressを教えてってメールが来たので、適当に返して、本日商品を受取ることができました。

一応、早い便と通常便があるようで、通常便を選択してみました。
通常便だと15 ~ 30営業日とのことでしたが、実質12日で届いたので、思ったよりは早かった印象です。

ちなみに購入金額は23USDに保護シールをつけて28USDで、約3180円。
Amazonだと最安値が3500円で、保護シールなしだと23USDは約2600円なので、3割近くお得に買えました。

使ってみた印象

最近時計をしていなかったので不思議な感じはしますが、違和感は無いです。
まだ、これから楽しんでいく感じではありますが、こんな機能あるんだ〜って感じのものがいくつかありました。

便利そうな機能

もともと心拍数とかフィットネスアプリとの連携を期待していたのですが、それ以外にも幾つか便利そうな機能がありました。

  • アラームのバイブレーション
  • 電話のバイブレーション
  • スマートロック解除
  • Google Fit連携

Bluetooth繋いでいないといけないですが、繋いでいれば上記の機能のうち接続系の機能が便利そうでした。

mi fit

Xiaomi band2を連携させるにあたり、mi fitという公式アプリを利用しますが、デザインが洗練されていて中国企業のアプリっぽく無いです。
私はWithingsも使っていて、Withingsに近いようなUIです。
Fitness系アプリはみんなこんな洒落た感じなのでしょうか。
ちなみにこのアプリ自体はあまり評判が良くないようなのですが、しばらく使ってみて様子見してみようと思います。

また、Google Fitと連携が取れるようなので、Xiaomiの中だけでデータが完結しないのも嬉しいです。
連携したデータは、もし別のフィットネスアプリやデバイスを使ってもGoogle Fitに統合できるので、データの管理がしやすそうです。

まだ、届いたばかりでこれからですが、色々活用してみようと思います。

ハイレゾ音源についてまとめ

こんにちは、いなむーです。

ハイレゾ音源を楽しむためにとりあえず押さえておくと良さそうな内容をまとめました。

ハイレゾとは

ハイレゾリューションの略。スタジオで録音したマスターが持っている情報量に近い高解像度のデータ。

CD → 16bit,65536段階で記録
ハイレゾ → 24bit,1677万段階で記録


ここの内容を見ておくと理解しやすそうです。

ハイレゾは、CDでカットしていた20kHzより上の周波数まで拡大している。
このため、ハイレゾ音源を楽しむためには、再生周波数が20kHz以上まで伸びているヘッドホンを使用した方が良い。
条件を満たしているものは「Hi-Res Audio」マークがついている。
但し、周波数が対応していなくとも、ハイレゾ音源のデータそのもののビット数が増えて、音の情報量が増えているため高音質化するため、ハイレゾ対応イヤホン・ヘッドホンでなくてもCD音源よりも音は良くなる。

サンプリング周波数

時間に対して、どれだけ音を細かく計測(サンプリング)しているかを表している。
CD → 44.1kHz(44100回/秒)
ハイレゾ → 192kHz(192000回/秒)

ナイキスト周波数

サンプリング周波数の半分の値のこと。
ナイキスト周波数よりも高い周波数でサンプリングすると、デジタすかしたデータからアナログ(元のデータ)信号を正確に復元できる。
それよりも低い周波数だと、復元できない。

非可逆圧縮

多少オジリナルデータを失っても、圧縮効率を重視する方式。音源で言えば、人間は20Hz〜16kHz(40Hz〜10khzと記載されたサイトも見受けられた)あたりしか聞こえず、16kHz以上は人間には分からないため、その部分はカットする。

可逆圧縮

全くデータを損なうこと無く圧縮を行う。
圧縮効率は下がるが、完全にオリジナルデータを復元できる。

量子化ビット数

ビット数が大きいほど、情報の解像度があがる。
16bit→65536
24bit→16777216

音の波形データで扱える最大音と最小音の比率(ダイナミックレンジ)は量子化ビット数で決まる。
16bit→96dB
24bit→144dB
※人間は120dBがダイナミックレンジ

DSEE HX

SONYの技術。CDやMP3なども微小な音を補完することでハイレゾ音源相当までアップスケーリングする。
サンプリング周波数、ビット数を拡張させることでハイレゾ音源相当に向上させる。

USB-DAC

USB接続のD/Aコンバーター(デジタル↔アナログ)
D/Aコンバーターは元々PCに含まれる。
サウンドカードと同じ機能を持つため、ノートパソコンでもサウンドカードを変えること無く、USB-DACを使用することで高音質な環境を手軽に構築できる。

ヤフオクの参考に配送料金を調べてみる

前に妻が購入した「進撃の巨人13巻+オリジナルDVD」ヤフオクに出品することにしました。
商品が安いため、落札者の方は格安の送料を期待します。
となると、こちらで調べて提案してあげたいところなので、折角なので調べてみることに。

サイズ

どの配送業者を選択するにしても、重量だったり、箱の大きさが重要になるので、事前に調べておきます。

重量:257g
縦☓横☓厚さ:19.5cm☓14cm☓3cm

 

郵便局

誰もが知っている郵便局。民間に負けず劣らずのサービスを展開しているのですが、サービスが複雑なのでちゃんと調べてみます。

サービス名:ゆうメール
料金   :300円
課金単位 :重さ(150g,250g,500g,1kg,2kg,3kg)
メリット :オプションが多い。着払いも代引きも可、配達証明も取れる。
対象   :印刷物、CD、DVD
主観   :小さいもので着払いとかで証明付けたいときなんかはありかも。あとはサイズが大きい場合かな。

サービス名:ゆうパック
料金   :810円
課金単位 :重さとサイズと送り元の都道府県と宛先の都道府県
対象   :ダンボールとかで配送をする比較的大きめの荷物
メリット :たくさん送れる。冷凍配送も可。
主観   :いわゆる配達ってこれかな。今回送るような小さいものは向いてない。

サービス名:定形外郵便
料金   :400円(500g以内)
課金単位 :重量のみ(縦横高さの大きさ制限あり)
対象   :手紙などの書類系。
メリット :とにかく書面で軽いものであれば、値段が安価に抑えられる。
主観   :書類なら安いかも。重さが少しでもあるなら向いていない。今回も別サービスが良いと思われる。

サービス名:レターパックライト
料金   :360円(厚さ3cmまで、4kgまで)
課金単位 :レターパックとレターパックライトの専用の用紙に収まればOK
対象   :重いけど、厚さのないもの。郵便受け配達OKなもの。
メリット :料金形態が2つで一律なためわかりやすい。ポスト投函可能。追跡可能。
主観   :料金を深く考えなくても良いというのは個人的にとても楽。あとライトは厚さ制限あるけど、レターパックは厚さ制限がないので、ちょっとギターのパーツとかを配送した経験があります。

サービス名:クリックポスト
料金   :全国一律164円
課金単位 :A4サイズ、厚さ3cm以内重さ1kg以内であればOK
対象   :信書以外の書面、コミック、CD、DVD
メリット :料金がとにかく安い。ポスト投函。追跡サービスあり。
主観   :主観というかネット決済で、且つ必要なラベルも印刷する必要があるので、そこが面倒でなければとにかく安い。

正直郵便局のサービスも他にもいくつかあって、そこまでこだわりが無かったら安さだけで選んでも良さげです。

結構厚さ2cmあるかないかで金額やら、サービスやらの差を感じました。
その制限のため3/31廃止予定のクロネコヤマトのメール便も対象外となりました。
確かに書面で厚さ3cmってのもなかなかないですしね。
とりあえず上記のサービスの中であれば、クリックポストが一番安いので候補に。

今回はここまで。