歯医者

今日歯医者に行った。
先週上の歯が痛かったので、これはもしやと思っていたのだけど仕事もあるしおざなりになっていた。
休みになったので早速家の近くの歯医者さんに行ったのだけど、そこがとても良い対応で感動してしまった。

僕は顎関節症に口角炎というダブルパンチをもらっているので、歯医者に行くと治療で歯が削られる痛みと器具が口角にあたる痛みと、口をあけている顎の痛みの3重苦に悩まされる。
だから歯医者はとても苦手なのだ。

しかし、今日行ったら虫歯は無いと言われてとても安心した上に、綺麗に磨けていると褒められたのだ。
検査のついでに歯石を取ってもらったのだけど、顎関節症を考慮して、なんども休ませてくれた。
お陰で初めてと言っても過言ではないほど、顎の痛みを感じずに治療を終えることができた。

前に行った歯医者さんはカワイイ受付にカワイイ歯科衛生士、そして女性の歯科医で、遅い時間もやってて綺麗な施設だったので最高過ぎたのだけど、誤診されて行くのをやめた。
治療が丁寧であれば、別にカワイイ歯科衛生士でなくても、おっさんの歯科医でも構わない。

とりあえずあの辛さはもう味わいたくないので、この状態を継続していけるようにちゃんと口腔環境は綺麗にしておきたい。

明日から盆休み

明日から盆休みになった。
社会人になってお盆に休みなのは実は初めてだったりする。

今までは大体休みも普通に出社して、どこかに夏休みを取得するとかだった。
多分去年とかすごい微妙な時期に取得した覚えがある。
一昨年も11月にとって夏じゃないじゃんってなってた気がする。

お盆はお盆らしく実家に帰省するという目的以外に予定は立てていないので、引きこもってちょい勉強できたら最高と思ってる。
とか言って、休み前は連休中に本10冊くらい読んでやるとか思ってても、1冊も読まずに怠惰に過ごすのが大体基本。

そろそろちゃんとした大人らしい(?)休暇の取り方をしようと思うので、先日図書館から借りた本とか買って積んどくになったもの、触れられてない◯◯とかを消化できたら良いなぁ。

自分のギター変遷

なんだか今日は書くことがないので、初めて持ったギターから思い出せる限り持ってたギターを書いていこうと思う。

高校生編

まず、初めて持ったギターのは高校一年生。ギターの種類なんか全くわからなかった時に先輩に譲ってもらったやつだ。
TARGETのHIDEモデルのモッキンバード。(中古)


とにかく弦高が低い、ボディがかるすぎてヘッドが下がるという微妙な思い出しかない。

次に手に入れたのがこのグラスルーツのトナカイ。LUNASEAのSUGIZOモデル。(中古)


これも先輩に譲ってもらったのだけど、形が好きじゃなくてすぐに後輩に譲ってしまった。

大学生編

そして、大学入学と同時にお祝いで買ってもらったのがEPIPHONEのGOLDTOP。(新品)
BRAHMANとハイスタに憧れて、レスポールモデルにした。


後でわかったのだけど、これP-90なのだよね。
P-90ってピックアップがシングルなので、BRAHMANやハイスタやるにはあれ?ってなる。
それに気がつくまでには少し時間がかかった。

その後、大学2年になる時にバイト代貯めて、買ったのがこれ。
GIBSON LesPaul STANDARDのサンバースト。(中古)


若干モデルが違うけど、カラーは一緒。これの中古を買いに10万持って群馬から御茶ノ水に始発で向かった。
早くつきすぎてまだ楽器店やってなかった笑
楽器店って10時じゃなくて11時とか開店なのね。

そこの駅からほど近いお店でサンバーストのこいつが見つかって、値段は12万。
群馬から来たことを熱く語り、確か現金一括購入を条件に11万にしてもらった気がする。
こいつも大学3年の途中で手放してしまった。

ちなみに大学3年の途中でこれを購入した。
FENDER JAPAN STRATCASTER(新品)


これは暫くメインになるのだけど、FENDER JAPANにも関わらずStevie Ray Vaughanというアーティストモデル風なのだ。
FENDER JAPANなのにゴールドパーツを使い、アーティストモデルとは言わず(多分版権の問題)、ピックアップはテキサススペシャルを搭載していた。
このギターのお陰で配線を変えたり、ポッドを変えることで別のギターかよってくらい音が変わることを学んだ。

と、同時くらいだったかな。バイトを掛け持ちしてて、今よりもずっとお小遣いがあったのにでこれも買ったと思う。
FENDER JAPAN TELECASTER STANDARD(新品)


フレットはローズだったと思う。なんでだかは覚えてないけど東京に行った時に買ったのだと思う。おのぼりさんだったのかな。
もう本当にすぐに手放して友人に売った。

社会人編

その後大学卒業してもしばらくはFENDER JAPANのSRV風モデルを使っていた。
その後、オリジナルバンドをやることになり、ギターを買った。ローンでw
FENDER USA TELECASTER STANDARD(新品)


また懲りずにテレキャスを買った。悪くなかったのだけどボディバランスがよくなかったのを覚えてる。
ヘッドが重くて下がっていくのが段々気に食わなくなったのだった。
これもローンの支払いが終わったと同時くらいに手放したと思うw

次に買ったのがこれだったかな。
GIBSON LESPAUL GOLDTOP Historic Collection(中古)


この時は流石に分かってP-90のギターを買った。買ったのだけど重い。ヒスコレって重いのかよ!?って知らなかった。
そしてヤフオクで売った。そしたらまぁまぁな利益になって返ってきたので少しだけ転売ヤーの気持ちが分かった。

その後に買ったのがこれ。
FENDER USA STRATCASTER(中古)


似非ビンテージですね。当時FENDERはCBS社に買収されて大衆楽器と成り下がり、クソみたいなギターを量産しだすのだけど、その当時のストラトキャスターを買った。
安価な材でボディは重く、3点止めでネックとボディがずれやすいというカスみたいなデメリットをもちあわせたギターだった。
これもローンが支払い終わるくらいに売ったと思う。

現在

そして今のメインとなり何年も付き合っているのがコレ。
FENDER USA STRATCASTER Stevie Ray Vaughan Model(中古)


結局何年もギター弾いてきてストラトに落ち着くという。
USAのスタンダードだけど、ピックアップだけカスタムショップ製のテキサススペシャル。
テキサススペシャルは他のストラトにないMidの音がとても抜ける。
その代わりハーフトーンが微妙。しかしフロントもセンターもリアもどれもむっちゃ使える。
弾きすぎて確かミディアムジャンボフレットだった気がするけど、もうそろそろリフレットしないとやばい。お小遣いでなんとかなるのか心配だ…

多分こんなもんだったと思う。
本当はもう少しあるかもしれなけれど笑
なんかこうやって思い出しながら書くと、当時のことを思い出す。懐かしいなぁ。

僕の友人だとこんなもんじゃない人がいるのでまだマシなはず。。きっと。