PlayStation4のリモートプレイをインターネット越しでやってみる


先日、同じWiFi環境下のMacからPS4へリモートプレイするという記事を投稿しました。

今日会社の人が私のリモートプレイの記事を見てくれてて、インターネット越しだと流石にダメだろう〜って話ししてたんですが、折角なのでものは試しにと思いやってみました。

やること

  • 1.ルーターへのIPマスカレード設定(俗に言うポート開放)
  • 2.PS4の固定IP化

恐らく、今のインターネット環境ってどこの家庭もWiFiルーターにぶらさがるNAT環境だと思います。
私の自宅のルーターはRTX1200なので、一年ぶりくらいにtftpでコンフィグのバックアップを取って、PS4に割当予定のIPへIPマスカレード設定をしました。

こちらのサイトを参考に、9295〜9304のTCP,UDPポートを設定。(面倒なので全部割り当てた。)
次にPS4側で、WiFi経由で接続していたのを、LANケーブル接続にしてIPアドレスを設定。
作業自体はこれでおしまい。

自宅にいつつ、インターネット越しの接続にするために、スマホのテザリングを有効にしてMacから接続しました。
この状態で、リモートプレイをやってみることに。
接続開始まで1分くらい待たされますが、しばらくすると、スッと画面が表示されます!

この時点で結構感動するのですが、もっと感動するのはその動作。

インターネット越しとは思えないくらいの動作で、普通に全然操作できちゃいます。
カクカクとかしちゃうのかなーって思ってましたが、全然大丈夫で、LAN内でやっていたのと殆ど遜色ないレベルでは?と感じるほどでした。

これがその画面。

恐らく画質を落とすことで、インターネット越しでも対応しているのだと思います。
最低推奨速度が5Mbpsというのだから、1MB/秒程度が最低ラインと考えると、凄い世界です。
LTEが高速であるのもそうですが、インターネット越しに接続できて普通に操作できてしまうのは中々の感動です。

PS Vitaであれば同じようなコントローラになるので、(実際にやるかは置いといて)それこそカフェとかのWiFiを使って全然遊べるのではないでしょうか。

久々にテンションがあがった出来事でした。