Windows10でデスクトップにゴミ箱を置かない設定

Windows10ではデスクトップにゴミ箱を置かないようにすることが可能です。

設定には下記手順で実施するとよいと思います。

1.ファイルの削除時にゴミ箱に保存しないように設定するor容量を制限する

2.デスクトップにゴミ箱を表示させないように設定する

 

まず、1の設定です。

デスクトップにある「ゴミ箱」を右クリックして「プロパティ」を開きます。

dustbox

「カスタムサイズ」で容量を制限するか「ゴミ箱にファイルを移動しないで~」を選択します。

私はゴミ箱を使用しないので、下を選択して「OK」を実行します。

 

次に、デスクトップのどこでもいいので右クリックして、ウィンドウの一番下「個人設定」を選択します。

表示された画面の「テーマ」より、「デスクトップアイコンの設定」を選択し、「ゴミ箱」のチェックを外して「OK」をクリックします。

dustbox2

 

以上で、デスクトップに「ゴミ箱」置かないように設定できます。

 

Windows10をインストールしたら必ず確認しておきたい3つの設定

Windows10はWinodws7や8に比べて、新しい「設定」が搭載されています。

それらをデフォルトのまま使用すると、余計な情報をMicrosoftへ定期的に送信することになり、処理に負担をかけてしまいます。

そこで、最低限実施しておいた方が良い3つの設定項目をご紹介します。

 

まず、「設定」はコントロールパネルからアクセスします。

次に「プライバシー」を選択します。

privacy

まず変更すべきは「プライバシーオプションの変更」です。

下記のように入力項目が「オフ」になるようにします。

また、「地域に適したコンテンツを表示する」もオフでよいと思います。

privacy1

次に「位置情報」について。

こちらはタブレットなどを意識した設定なのだと思いますが、デスクトップとして使用する以上は「オフ」で良いと思います。

※必要であれば後でもオンにできます。

privacy2

3つ目は「フィードバックの間隔」です。

MSへ貢献したい!という思いがなければ、フィードバックは「しない」にした方がパソコンのパフォーマンスへの影響はなくなります。

また、「診断データと使用状況データ」というのも「基本」が最も情報が少ない設定ですので、こちらを選択しましょう。

privacy3

 

いかがでしたでしょうか?

Windows10は8に比べると格段に使いやすくはなっていますが、タブレットやスマートフォンとデスクトップとのOS統一に向けた設定や情報の送信が多いように見受けられます。

そのせいでパソコンが重くなるなんてことが無いように上記設定を検討してみるとよいかもしれません。

 

以上、Windows10をインストールしたら必ず確認しておきたい3つの設定についてでした。

Windows10のプチフリ対策?にDriver Boosterをインストールしてみた

こんにちは、いなむーです。

昨年の大みそかに自宅PC用のモニターが届いて、フルHD環境を満喫しているわけですが、相も変わらずフリーズを繰り返すWindows10のパソコン。

今年こそはなんとかしたいと思い、いろいろ調べてるうちにドライバーの更新について書いてあるページがありました。

もちろんWindows標準のデバイスドライバーの項目よりそれぞれを更新かけてみたのですが、それらしいアップデートは無く、放置しておりました。

すると、ドライバーを一括で更新してくれるツールがあるとのことでしたのでインストールしてみることに。

名前は「Driver Booster」というもので、無料版でもWindows10に正式に対応し、各ドライバーを一括で更新できます。

実際に検索をかけてみると、、、

driver

意外にも複数のドライバーの更新がありました。

パソコンを自動で再起動するにチェックを入れて実行してみると、スムーズに更新されました。

ただ、私の環境ではグラフィックドライバーが最新だとフルHDに対応していないことがわかり、Windowsの「デバイスドライバー」の項目を確認してみると、ドライバーが動いていないことがわかりました。

該当のグラフィックドライバーだけ古いドライバーに戻して(デバイスドライバーの項目に戻すボタンがあります。)みました。

それ以外のドライバーについては問題がなさそうでしたので、これでまたしばらく様子見です。

 

ドライバーを一括で更新できるのは便利なので、ぜひ導入してみてください。

 

以上