フラットに考えるとは

最近とても考えることが多いです。
そうゆう時は少し離れた視点で、客観的に考えられると良いようです。

そうすることで、一方的になったりならずに、冷静に考えられるます。

常にフラットとというのは、難しいですが、そうゆう意識が持てたら日々の生活が楽しくなりそうです。