Cloud SQLをさわってみたので簡単なまとめ

– AWSのRDS的なデータベースサービス
– 2015/10/28日現在、使用可能なデータベースはMySQL5.5と5.6のみ。PostgreSQLは使用できない。
– IPv4ベースで接続するには、IPv4(有料$0.01/h)の申請が必要。
※デフォルトでIPv6は付与されている。
– IPv4はグローバルIPアドレスなのでセキュリティーに注意する。
– Compute EngineのVMからIPv4で接続した場合、tracerouteする限りはGoogle内部で完結しているようなのでセキュリティー上問題ないと思われる。
– IPv4で接続するには、インスタンスのグローバルIPも固定IPアドレスの方が良い?※VMに指定しているホスト名では制限できないため。
– 時間単位の従量課金か、日にち単位の課金かを選択できる。常時稼働させるにはパッケージ(日にち単位)の方が安価。
– レプリカはリードレプリカとして使用できるようだけど、マスターを一度バックアップする必要がある。
バックアップからリードレプリカが作成可能。
– 普通にmysqlコマンドで接続して、SQLを実行可能。

以上。

MariaDB勉強会のメモ

■MariaDB勉強会メモ:2014/02/18 場所:DeNA@渋谷ヒカリエ
[Montyさんの講演]
・2009年から開発スタート
・feedback_pluginはデフォルトで無効→有効にしてほしい。
・20%くらいが10.0を利用している
・MySQLからのMariaDBへの移行について
・ProgressReportで実行の進捗が確認可能
・マスタースレーブ環境でMySQLと比べてMariaDB環境の方が高速
・optimizer features
・Kristian Nielsen’s blogを見ると良い
・InnoDBが使える
・Performance Schemaはデフォルトでオフにするほうを推奨
・一つのスレーブが複数のマスターを持つことが可能。
・TokuDB
・Olivier Bertrand
・WikipediaはMariaDB 10-15%くらい高速化している
・2013 4月 GoogleはMariaDBを使用する
・2013 6月 RHELも導入
・MariaDBへ移行する理由→MySQLの開発チームがMariaDBの開発をしている
・たくさんのfeaturesがあるからMySQLを使用する理由は無い
・マルチマスター 4-5倍

[斯波さんの講演]
Spider
・DBシャーディング

Mroongaストレージエンジン
・全文検索、位置情報検索
・検索中でも高速に更新可能

MariaDB10.0
・RC版、もうすぐ安定版

[Colin Charlesさんの講演]
・SkySQLのチーフエバンジェリスト
・GoogleのMySQLからMariaDBへの移行について
・kakao talkはMariaDBへ移行
・WordPressはMySQL、MariaDBを推奨
・slash gear blog VPS使用しているが年間$12000削減できた
・OLX 広告 40ミリオンページビュー

[堤井さんの講演]
・MySQL5.5とMariaDB5.5との互換性はある
・MySQL5.5とMariaDB5.6との互換性は低い
・MySQLからMariaDBへの移行はスムーズにできるが、MariaDBからMySQLへ戻すのは難しいのではないかと思われる
・OSS
・速いらしい。
・オプティマイザが優秀。
・スレッドプール。
・Oracle社1社のコントロールでない。
・開発の方向性が見える。
・コミュニティからのフィードバック
・Buildも楽しい。(MacOS X) –> Mac Portsでやるのが推奨。