Rictyのインストール

プログラムやコーディングに最適なフォントらしいRictyのインストール手順です。
brewのインストールとかでエラーになったので、参考になればと思います。

事前準備

$ brew install automake
$ brew install pkg-config
$ brew install autoconf

トラブルシュート:brew-caskが権限周りでインストールできない

$ brew install caskroom/cask/brew-cask
==> Installing brew-cask from caskroom/homebrew-cask
==&gt; Cloning <a href="https://github.com/caskroom/homebrew-cask.git">https://github.com/caskroom/homebrew-cask.git</a>
Updating /Library/Caches/Homebrew/brew-cask--git
==&gt; Checking out tag v0.53.3
Error: parent directory is world writable but not sticky
Please report this bug:
<a href="https://git.io/brew-troubleshooting">https://git.io/brew-troubleshooting</a>
/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/2.0/usr/lib/ruby/2.0.0/tmpdir.rb:92:in `mktmpdir'
/usr/local/Library/Homebrew/utils/fork.rb:6:in `safe_fork'
/usr/local/Library/Homebrew/formula_installer.rb:481:in `build'
/usr/local/Library/Homebrew/formula_installer.rb:184:in `install'
/usr/local/Library/Homebrew/cmd/install.rb:165:in `install_formula'
/usr/local/Library/Homebrew/cmd/install.rb:83:in `block in install'
/usr/local/Library/Homebrew/cmd/install.rb:83:in `each'
/usr/local/Library/Homebrew/cmd/install.rb:83:in `install'
/usr/local/Library/brew.rb:140:in `&lt;main&gt;'</div>

しらべたらtmpディレクトリの権限が怪しいんじゃないのーっていう、外人が書いてたフォーラムの記事を参考に権限を変えてみました。

$ cd ~/
$ ls -l
lrwxr-xr-x@  1 root  wheel    11  2 22 17:56 tmp -&gt; private/tmp
$ sudo chmod +t tmp/
$ cd tmp/
$ brew install caskroom/cask/brew-cask
==&gt; Installing brew-cask from caskroom/homebrew-cask
==&gt; Cloning <a href="https://github.com/caskroom/homebrew-cask.git">https://github.com/caskroom/homebrew-cask.git</a>
Updating /Library/Caches/Homebrew/brew-cask--git
==&gt; Checking out tag v0.53.3
&#x1f37a;  /usr/local/Cellar/brew-cask/0.53.3: 2421 files, 9.5M, built in 2 seconds

どうやらうまくいったようです。

xquartzのインストール

$ brew install Caskroom/cask/xquartz
==&gt; brew cask install Caskroom/cask/xquartz
==&gt; We need to make Caskroom for the first time at /opt/homebrew-cask/Caskroom
==&gt; We'll set permissions properly so we won't need sudo in the future
Password:
==&gt; Downloading <a href="https://xquartz.macosforge.org/downloads/SL/XQuartz-2.7.7.dmg">https://xquartz.macosforge.org/downloads/SL/XQuartz-2.7.7.dmg</a>
######################################################################## 100.0%
==&gt; Running installer for xquartz; your password may be necessary.
==&gt; Package installers may write to any location; options such as --appdir are ignored.

==&gt; installer: Package name is XQuartz 2.7.7
==&gt; installer: Installing at base path /
==&gt; installer: The install was successful.
&#x1f37a;  xquartz staged at '/opt/homebrew-cask/Caskroom/xquartz/2.7.7' (64M)


Rictyのインストール

$ brew install ricty
※長いので省略

$ cp -f /usr/local/Cellar/ricty/3.2.4/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
$ fc-cache -vf
/usr/share/fonts: skipping, no such directory
/System/Library/Fonts: caching, new cache contents: 156 fonts, 0 dirs
/Library/Fonts: caching, new cache contents: 422 fonts, 0 dirs
/Users/kazuma/Library/Fonts: caching, new cache contents: 4 fonts, 0 dirs
/Users/kazuma/.local/share/fonts: skipping, no such directory
/Users/kazuma/.fonts: skipping, no such directory
/usr/local/var/cache/fontconfig: cleaning cache directory
/Users/kazuma/.cache/fontconfig: not cleaning non-existent cache directory
/Users/kazuma/.fontconfig: not cleaning non-existent cache directory

fc-cache: succeeded

あとはターミナルとかエディタとかでRictyを指定してあげると、カッコイイフォントに切り替わります。
おしまい。

Homebrewインストール手順

homebrewというコマンドラインでの、パッケージインストーラ?のインストール手順です。

#Xcodeのインストール

Macの開発者ツールかと思いますが、こちらをインストールします。
$ xcode-select –install

rubyコマンドでターミナルからインストールします。
#brewのインストール
$ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go/install)”
Whoops, the Homebrew installer has moved! Please instead run:

ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

Also, please ask wherever you got this link from to update it to the above.
Thanks!

私の場合エラーが表示されましたので、言われた通りのコマンドを実行します。

$ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/Library/…
/usr/local/share/man/man1/brew.1

Press RETURN to continue or any other key to abort
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir /usr/local
Password:
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/chgrp admin /usr/local
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir /Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /Library/Caches/Homebrew
==> Downloading and installing Homebrew…
remote: Counting objects: 3558, done.
remote: Compressing objects: 100% (3407/3407), done.
remote: Total 3558 (delta 35), reused 1473 (delta 19), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (3558/3558), 2.70 MiB | 2.47 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (35/35), done.
From https://github.com/Homebrew/homebrew
* [new branch] master -> origin/master
HEAD is now at 0296162 shadowsocks-libev: update 2.2.0 bottle.
==> Installation successful!
==> Next steps
Run `brew help` to get started

successfulが表示されたので「brew」コマンドが使用できるようになります。

VPN Gateを使って匿名アクセス

世界中には自分の国から、海外のサイトやサービスへインターネットからアクセスできない国があります。

有名なのは中国のGFW(グレート・ファイアウォール)。

このGFWをくぐり抜けて、アメリカのサービスを使いたい中国の人たちが、活用するのがVPNです。

VPN Gateは筑波大が研究用として無料公開しているVPNサービスです。

このVPNサービスを活用することで、様々なサービスへ匿名アクセスが可能です。

特にカフェなどのオープンWiFiなどは、広く普及している反面、セキュリティ面に課題があるのも現実です。

同じカフェに悪意を持った人物が、他の人のネットワークをスキャニングした場合、ログイン情報が盗まれてしまうことがあります。

VPNはそれらを防ぐのに有効な手段の一つといえます。

 

今回はVPN Gateで最も簡単な接続方法のMacからの「L2TP」での接続方法を書いてみます。

まずはhttp://www.vpngate.net/ja/へアクセスします。

スクリーンショット 2014-12-31 15.14.05

 

次にL2TPのみにチェックを入れて、「サーバー一覧を更新」ボタンをクリックして、更新します。

そうすると、利用可能なVPNサーバーが表示されますので、DDNS名をメモします。

スクリーンショット 2014-12-31 15.16.58

次にMacの「システム環境設定」→「ネットワーク」画面左下のプラスボタンをクリックして、以下を入力します。

  • インターフェース:VPN
  • VPNタイプ:L2TP over IPsec
  • サービス名:VPN Gate(L2TP) ※サービス名は自分でわかりやすいもので良い。

スクリーンショット 2014-12-31 15.21.58

作成されたVPNの設定画面で、先ほどメモしたDDNS名とアカウント名「VPN」を入力します。

スクリーンショット 2014-12-31 15.22.58

次に認証設定をクリックして、パスワードと共有シークレット、いずれも「vpn」と入力します。

スクリーンショット 2014-12-31 15.24.05

最後に、詳細画面から「すべてのトラフィックを〜」の箇所にチェックを入れてOKです。

スクリーンショット 2014-12-31 15.24.59

早速接続してみると、下記のように表示されます。

スクリーンショット 2014-12-31 15.26.26

この状態でhttp://www.cman.jp/network/support/go_access.cgiへアクセスして自分のIPアドレスを確認してみます。

スクリーンショット 2014-12-31 15.27.54

そうすると、先ほどVPN Gateのサイトで表示されていたIPアドレスと同じになります。

これでL2TPにより、通信が暗号化されて安心してインターネットが利用できるようになります。

 

特にオープンWiFiなどを利用する場合などには是非利用したいサービスです。

これからも頑張ってほしいです。