Windows10のフリーズ対策(続編)

こんにちは、いなむーです。

Windows10にしてから、起動直後10〜15分くらいは不安定でディスクの使用率が100%

になってしまう問題で、あれこれ試しているのですが、一つ有効そうなのがあったので設定してみました。

それはマイクロソフトへのフィードバック回数を減らすこと。

左下ウィンドウズ左クリック・設定・プライバシー・フィードバックと診断・フィードバックを求められる頻度を週に1回

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-performance/windows-10/3930002c-ad00-40e2-b1fb-52046ddf734e?page=2

起動直後のタスクマネージャーを見てみると、かなり改善しているように見えますが、一応これでしばらく様子見してみます。

 

2015年12月1日追記

今朝方起きてファイルの大量コピーしてたら、見事にフリーズ。

どうやらダメだった模様です。。

また違う対応方法を探さないと。。

HDDからSSDに変えてみた結果

自宅のWindowsを10にアップグレードして64bitにしたのですが、折角なのでSSDにすることにしました。

購入したのは以下のSamsungのSSD 250GBです。

 

このSamsungのSSDのいいところは、低価格帯にも関わらず、5年保証です。

会社の上司に勧められたので、勢いでAmazonでポチってしまいましたw

 

実際にWindows10を入れて、HDDでベンチマークをとった結果

Windowsのディスクのベンチマークで有名なクリスタルディスクマークのフリーソフトで計測してみました。

bench

まぁHDDならこんなもんでしょうね。

ランダムアクセス、ランダムリードがやばいですね。

SSDの結果

bench_SSD

MacBook Proも使っているので、それと比べるとそこまでじゃないですけど、HDDに比べると

超速くなってます。

シーケンシャルは3倍程度、ランダムは沢山ですw

起動もシャットダウンもめちゃ速くなって、かなり快適です。

もたつくことが無くなったので、これからゆっくりと環境を整えていきたいですね。

以上です。

初代MacBook AirのSSD換装

起動しない初代MacBook Airを会社から譲り受けまして、ZIF接続のHDDという初めて聞くものでしたが、調べると素人でも結構簡単にSSD換装出来るとのことでやってみることにしました。
そもそもZIF接続のSSDが中々みつからず、秋葉原でも定価販売で高額でした。
確か128GBでも1万越えは普通です。
そこでヤフオクでみたら5000円程度で購入できたので、早速換装することに。

20140804-232815-84495560.jpg

ひっくり返してプラスネジを全て外します。初代はプラスドライバーでいけますが、最近のはプラスではなくてトルクドライバーというのが必要です。

20140804-232925-84565613.jpg

20140804-232925-84565959.jpg

電源ユニットを外した状態です。
ここまではあっさりいけます。

20140804-233418-84858006.jpg

ここがやたら入り組んでて大変です。
ヒヤヒヤします。

20140804-233500-84900788.jpg

取り外し完了です。
※写真の都合上、ZIFではなくてSSDタイプの写真です。

20140804-233540-84940609.jpg

20140804-233540-84940959.jpg

今回はやはりZIF接続のSSDです。
そんなに速くないですが、HDDの数倍は出ます。
あとは元に戻していくだけです。
これなら電源ユニットくらいなら新しいのも自分でいけそうです。

是非勇気ある方、古いMacBook Airを再生したい方は挑戦してみてください。保証はしませんが笑