VPN Gateを使って匿名アクセス


世界中には自分の国から、海外のサイトやサービスへインターネットからアクセスできない国があります。

有名なのは中国のGFW(グレート・ファイアウォール)。

このGFWをくぐり抜けて、アメリカのサービスを使いたい中国の人たちが、活用するのがVPNです。

VPN Gateは筑波大が研究用として無料公開しているVPNサービスです。

このVPNサービスを活用することで、様々なサービスへ匿名アクセスが可能です。

特にカフェなどのオープンWiFiなどは、広く普及している反面、セキュリティ面に課題があるのも現実です。

同じカフェに悪意を持った人物が、他の人のネットワークをスキャニングした場合、ログイン情報が盗まれてしまうことがあります。

VPNはそれらを防ぐのに有効な手段の一つといえます。

 

今回はVPN Gateで最も簡単な接続方法のMacからの「L2TP」での接続方法を書いてみます。

まずはhttp://www.vpngate.net/ja/へアクセスします。

スクリーンショット 2014-12-31 15.14.05

 

次にL2TPのみにチェックを入れて、「サーバー一覧を更新」ボタンをクリックして、更新します。

そうすると、利用可能なVPNサーバーが表示されますので、DDNS名をメモします。

スクリーンショット 2014-12-31 15.16.58

次にMacの「システム環境設定」→「ネットワーク」画面左下のプラスボタンをクリックして、以下を入力します。

  • インターフェース:VPN
  • VPNタイプ:L2TP over IPsec
  • サービス名:VPN Gate(L2TP) ※サービス名は自分でわかりやすいもので良い。

スクリーンショット 2014-12-31 15.21.58

作成されたVPNの設定画面で、先ほどメモしたDDNS名とアカウント名「VPN」を入力します。

スクリーンショット 2014-12-31 15.22.58

次に認証設定をクリックして、パスワードと共有シークレット、いずれも「vpn」と入力します。

スクリーンショット 2014-12-31 15.24.05

最後に、詳細画面から「すべてのトラフィックを〜」の箇所にチェックを入れてOKです。

スクリーンショット 2014-12-31 15.24.59

早速接続してみると、下記のように表示されます。

スクリーンショット 2014-12-31 15.26.26

この状態でhttp://www.cman.jp/network/support/go_access.cgiへアクセスして自分のIPアドレスを確認してみます。

スクリーンショット 2014-12-31 15.27.54

そうすると、先ほどVPN Gateのサイトで表示されていたIPアドレスと同じになります。

これでL2TPにより、通信が暗号化されて安心してインターネットが利用できるようになります。

 

特にオープンWiFiなどを利用する場合などには是非利用したいサービスです。

これからも頑張ってほしいです。

 

コメントを残す