Windows10でデスクトップにゴミ箱を置かない設定

投稿日: カテゴリー IT, Windowsタグ , ,

Windows10ではデスクトップにゴミ箱を置かないようにすることが可能です。

設定には下記手順で実施するとよいと思います。

1.ファイルの削除時にゴミ箱に保存しないように設定するor容量を制限する

2.デスクトップにゴミ箱を表示させないように設定する

 

まず、1の設定です。

デスクトップにある「ゴミ箱」を右クリックして「プロパティ」を開きます。

dustbox

「カスタムサイズ」で容量を制限するか「ゴミ箱にファイルを移動しないで~」を選択します。

私はゴミ箱を使用しないので、下を選択して「OK」を実行します。

 

次に、デスクトップのどこでもいいので右クリックして、ウィンドウの一番下「個人設定」を選択します。

表示された画面の「テーマ」より、「デスクトップアイコンの設定」を選択し、「ゴミ箱」のチェックを外して「OK」をクリックします。

dustbox2

 

以上で、デスクトップに「ゴミ箱」置かないように設定できます。