Windows10でOneDriveを無効化する方法


前回、コマンドプロンプトからWindows10がフリーズした場合の対処を書きましたが、あれからやはり解消せずいまだにフリーズを繰り返すばかりで、わがマシンはとても不安定になってしまいました。

新しいOSに新しいSSDなので、まぁいたし方ないので、勉強がてらに解決策を模索している最中です。

そこで上司に相談してみたところ、同じ様な事象があったとのこと。

そして対処方法はまさかのOneDriveを無効化したとのこと。

Microsoft純正のソフトウェアでそんなことがあるのかとは思いつつ、まぁあり得るかなと。

なぜなら32bit版のWindows10とデュアルブートしているのですが、そっちではOneDriveを無効にしており、またフリーズは1度も発生していないためです。

なにはともあれ、やってみようということで調べてみました。

手順はセキュリティ周り専用のツールで

gpedit.msc

これを実行し、

管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→OneDrive→OneDriveを記憶領域として使用できないようにする

これにチェックして、再起動すればOKです。

ツールバーからOneDriveが表示されなくなりました。

これでしばらく様子を見てみることにします。またなにかわかったらブログに記載してみようと思います。

以上。

コメントを残す