【インフラ的メモ】RAIDカードのライトスルーとライトバックの動作

RAIDコントローラにはキャッシュメモリが搭載されており、ライトスルー動作か、あるいはライトバック動作を選択できます。
ライトスルー動作では、書き込まれたデータのディスクへの書き込みが完了してからホスト側に書き込み完了の信号が送られます。

これに対してライトバック動作では、書き込まれたデータはキャッシュへの書き込みが完了した時点でホスト側に書き込み完了の信号が送られます。
キャッシュに保存されているデータは適切なタイミングまで待ってディスクに書き込まれます。
そのため、データのキャシュへの書き込みが完了してからディスクへの書き込みが完了するまでの間に障害が発生すると、データの一貫性が失われる場合があります。
RAIDコントローラにはバックアップ用のバッテリーが搭載されている場合は、電源が切られても即座にデータが失われるわけではありません。

バッテリーが無い場合は、デフォルトでライトスルー動作になってしまうので書き込み速度が遅くなります。
書き込み途中でのサーバーダウン時の影響度が少ないサーバーの場合は、あえてライトバックにすることで、書き込み速度を向上させることが可能です。
もちろん書き込み途中でサーバーがダウンした場合は、書き込みしきれなかったデータが失われる可能性が高いので、運用に応じて変更する必要があります。

コメントを残す