ペパボのサマーシップインターンがはじまった


弊社のサマーシップインターンが始まりました。

より多くの学生さんたちにペパボの雰囲気を体験してもらうべく実施されているインターンシップですが、東京では6人の学生さんが参加してくれることになりました。

メンター

今回私は初めてインターン生のメンターとして担当することになりました。
インターン生のメンターとしては初めての経験で、以前の職場でもインターン生のメンターは担当したことがありません。
私は大学生の時にインターンに行ったことがなく、周りでもいたかどうか記憶にありません。
とは言え、以前の職場で後輩へのフォローや自分のチームをまとめるような担当していたので、それらの経験を思い出しつつ、インターン生向けにアレンジしていこうと考えています。

初顔合わせ

昨日、ペパボに参加するインターン生と初顔合わせをしました。
メンターとインターン生で自己紹介タイムを実施して、各部署への挨拶後に、インターン生それぞれが各チームへ配属になりました。
私が担当するインターン生の子はとても緊張していたようでしたが、途中休憩で社内のカフェで少しづつほぐれてきたのかなと感じました。
インターン生の子たちはみんなしっかりしていて優秀な子たちばかりで、来てくれて本当にありがとうという気持ちになりました。

インターン生に伝えていきたいこと

メンターという立場から、私が他のメンターには無い強みとして、過去の他社での経験と、短い期間ながらのペパボでの経験があります。
元々文系の大学を出て、新卒で接客業に携わり、その後カスタマーサポート、サービス立ち上げ業務や、学校を訪問してシステムの説明担当業務、ベンチャーでの受託開発のインフラ構築に加えて今のペパボでの経験があります。
これらを踏まえて、ペパボの面白い所や、他の会社には無い良さを是非伝えていきたいと思ってます。
それに加えて、一般企業で働くエンジニアの面白さや仕事の進め方や考え方、課題へのアプローチ方法を伝えていきつつ、これらを自分で考えてもらえるようになってもらおうと思ってます。

余談

私の所属する技術部と、BPR室と呼ばれる事業部で社内のテックMTGを毎月開催しています。
インターンシップ初日でしたが、早速インターン生にも見ていただきました。
今回は、今年入社した新卒二人とインフラグループのサブマネ、BPR室の室長のお話でした。
いつも刺激をうけるのですが、今回もどれも素晴らしくて、学びばかりでした。
インターン生にも良い刺激になったのではないでしょうか。

毎週金曜日は弊社グループが運営するカフェが、夜はバーへと変わります。
利用は社員であれば無料で、インターン生たちにも早速参加していただきました。
みんな楽しんでもらえたのではないでしょうか。

ぜひ、インターン生にはペパボを知ってもらいながら、楽しく学んでもらいたいと思います。