新しいMacBookを使うために最低限やったことメモ

自宅に新しいMacBookがきたので、とりあえず使い始めるために最低限インストールしたりやったことのメモです。

前半(GUIアプリ系)

chrome

色々拡張機能入れてるし、プラグイン同期とかも簡単なのでこれ。
https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/

boostnote

とにかくメモ用。Markdown使える&日本製ということで。
https://b00st.io/

alfred

ランチャーアプリ。便利なのでPowerpack(Mega Supporter)買いました。
でもポンドだから日本円にすると結構高くてびっくりする。1ドル=114円のときに1ポンド=141円だった。
https://www.alfredapp.com/

alfred wordkflow

WiFi on/off/restartに。社内のエンジニアさんが作ってる。便利。
https://github.com/ravelll/wifi-workflow

enpass

パスワードマネージャー。UIが良い&同期しやすい、バックアップ簡単という点でkeepassからの乗り換えです。
https://www.enpass.io/

Franz

TweetdeckとSlackとGmailの一元管理に。
http://meetfranz.com/

MacVim-Kaoriya

テキストエディターはこれだけ。
https://github.com/splhack/macvim-kaoriya/releases/tag/20170111

iTerm2

Macでターミナル使うなら。
https://www.iterm2.com/

Docker for Mac

基本的な検証はDockerだけで済ます。
https://docs.docker.com/docker-for-mac/

Karabiner

キーリピートを変更するために。
https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html.ja

shiftlt

画面分割&整理に。
https://github.com/fikovnik/ShiftIt

後半(ターミナル環境用)

brewのインストール

Macでいろいろなコマンドやらなんやらを入れるために。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

tmuxのインストール

sshのセッション管理、画面分割に。

$ brew install tmux

tpmのインストール

tmuxのプラグインを管理するために。

$ git clone https://github.com/tmux-plugins/tpm ~/.tmux/plugins/tpm
$ tmux source ~/.tmux.conf

reattach-to-user-namespace

tmuxとMacのクリップボードを共有するために。

$ brew install reattach-to-user-namespace

pecoのインストール

pecoを使ってhistoryの検索を快適に。

$ brew install peco

hubのインストール

コマンドラインでGithubを操作するように。

$ brew install hub

ghqのインストール

Gitリポジトリをpecoで操作するように。

$ brew install ghq

direnvのインストール

iterm起動したら.envファイルを読み込むように。

$ brew install direnv

neobundleのインストール

vim用のパッケージ管理に。

$ mkdir -p ~/.vim/bundle
$ git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim
$ vim
:NeoBundleInstall
※最初にインストールするか聞かれるかも。

zshのインストール

快適なシェル環境に。

$ brew install zsh
$ sudo vim /etc/shells
/usr/local/bin/zsh を追加
$ chsh -s /usr/local/bin/zsh

dotfiles

自分で使っているdotfilesを導入するために。

$ git clone https://github.com/kzm0211/dotfiles
$ bash install.sh

Preztoのインストール

zshをより快適に。

$ git clone --recursive https://github.com/sorin-ionescu/prezto.git "${ZDOTDIR:-$HOME}/.zprezto"
$ setopt EXTENDED_GLOB \
for rcfile in "${ZDOTDIR:-$HOME}"/.zprezto/runcoms/^README.md(.N); do \
  ln -s "$rcfile" "${ZDOTDIR:-$HOME}/.${rcfile:t}" \
done

Rictyのインストール

見やすいフォントに。

$ brew install automake
$ brew install pkg-config
$ brew tap sanemat/font
$ brew install Caskroom/cask/xquartz
$ brew install ricty
$ cp -f /usr/local/Cellar/ricty/4.1.0_2/share/fonts/Ricty* ~/Library/Fonts/
$ fc-cache -vf

powerline用のフォントをインストール

自分の好きなzshのテーマに。

$ git clone https://github.com/powerline/fonts
$ cd fonts
$ bash install.sh

powerline用のパッチをあてる

Rictyが文字化けするのを対応するのに。

$ brew install fontforge
$ git clone https://github.com/Lokaltog/powerline-fontpatcher
$ fontforge -lang=py -script ./powerline-fontpatcher/scripts/powerline-fontpatcher /usr/local/Cellar/ricty/4.0.1/share/fonts/Ricty-Regular.ttf
$ cp Ricty* ~/Library/Fonts

powerlineのテーマを修正する

powerlineをそのまま使うと重い&パス部分が長いので。

$ cd ~/.zprezto/modules/prompt/external/
$ cp -p prompt_powerline_setup prompt_inamuu-original_setup
$ mv prompt_powerline_setup prompt_inamuu-original_setup
$ vim prompt_inamuu-original_setup

下記修正。

# 追加
function curdir {
     basename $(pwd)
  }

# 修正
POWERLINE_LEFT_A="%K{red}%F{white} "$(curdir)" %k%f%F{red}%K{blue}"$POWERLINE_SEPARATOR
POWERLINE_LEFT_B="%k%f%F{white}%K{blue} "'${vcs_info_msg_0_}'" %k%f%F{blue}"$POWERLINE_SEPARATOR"%f "
PROMPT=$POWERLINE_LEFT_A$POWERLINE_LEFT_B
$ cd ../functions/
$ ln -s prompt_inamuu-original_setup ../external/inamuu-original/prompt_inamuu-original_setup
$ vim ~/.zpreztorc
zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'inamuu-original'
$ zsh -l

うーむ、長かった。あとは追々。
こうゆうのまとめていると、社内の人たちが使っている便利アプリとか各種ソフトウェアのプラグインがまとまっているWikiとかあったらいいなぁとふと思うのです。
人数が多いと変態があらわれて収拾がつかなくなりそうですが笑

カテゴリー: Mac