理想的なターミナル環境を求めて

3連休はみなさんいかがお過ごしですか。
私は、妻と子供が帰省しているのでなにもせずにまったりと過ごしております。
新しい会社に転職し、毎日覚えることが沢山あり、また、慣れない早起きに疲弊していたところだったのでこの3連休は大変助かります。

体をゆっくり休めるためにも、本を読みつつゆっくりと休養しているわけですが、折角なので前から気になっていたターミナル環境の改善をしてみようと挑戦してみることにしました。

zshの導入

今まで何年もbashしか触れてきていなかったのですが、会社ではzshを使っている人が多いように思います。(ていうか半分以上?)
zshなんて奇特な開発者しか使わないと思って(偏見ですねすいません。。)調べてもこなかったのですが、導入してみるとこれがとんでもなく便利であることを知りました。
具体的には下記サイトを見ていただけるとbashユーザーは「へー」となると思います。
[blogcard url=http://news.mynavi.jp/column/zsh/]

cdがとにかく簡単になります。っていうかCDコマンド要らなくなります。
zsh

また、Gitやシェル・コマンドのオプションを補完してくれます。
zsh-cmd

このオプション補完はとんでもなく便利だと思います。
中々覚えていないオプションなどはこれで補完できます。

また、GIFにもあるようにテーマを変えることで、ブランチ名とgitの状態を表示させることが可能です。
zsh-git

zshのテーマや設定については、賛否あるようですが、最もよく使われているのがoh-my-zshのようです。
これを導入することで、zshの様々な設定やテーマを簡単に変更可能です。

[blogcard url=https://github.com/robbyrussell/oh-my-zsh]

私が導入したのはPowerlineというテーマで、GIFのようにカラーでgitのブランチ状態などを表示してくれます。
ちなみにPowerlineを使用するには、
1.Powerline用のフォントをインストールする
2.itermで使用するフォントをPowerline対応のものに変更する
以上の対応が必要です。

具体的には下記Githubのリポジトリをクローンして、中のinstall.shを実行するだけです。※結構時間がかかります。
その後にitermで「◯◯-powerline」とついたフォントを選択すると、Powerline対応のフォントで表示できるようになります。
ちなみに設定ファイルはGithubで管理して、ファイルそのものはシンボリックリンクにしてます。
多分これが一番楽な共有方法かと思います。※Dropboxで共有されている方がいましたが、Git管理しない場合はその方法が楽かと思います。

[blogcard url=https://github.com/kzm0211/zsh-config]

ざっくりと書きましたが、簡単な手順を下記にまとめてます。

[blogcard url=http://wiki.inamuu.com/index.php?Mac%E3%81%A7zsh%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%97%E3%81%9F%E9%9A%9B%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%A2]

以上です。