今日社内ISUCONが開催された。

夏休み前?くらいに発表されてたような気がするけれど、正直言って参加する意思は全くと言っていいほど無かった。
参加したくなかったわけではなくて、自分にはまだ早い。そんなイメージだった。

貢献できる自信が殆ど無かったというのもある。
ところが、イベント自体がどんな感じなんだろうな〜くらいに薄っすら思っていたら、締め切り数日前に、開発さん二人が自席にやってきて「社内ISUCON出ませんか?」と言ってきた。
いつもお世話になっているこの二人から言われたら、断る理由など無い。

ということで社内ISUCONに出ることにした。
チーム名は、自席に勧誘に来た時に、開発さんの一人がストラト(エレキギター)のTシャツを着ていて、それがラージヘッドと呼ばれる種類の柄だったのでチーム名は「ラージヘッド」になった。

事前にランチMTG的な打ち合わせしつつ、土日に合間を見つけてISUCONの記事を読み漁った。
前々日になって、Ubuntuかもしれないという事実に気が付き(実際のISUCONではUbuntuが使われていた)、急いでVagrantに入れたけど1日2日でどうなるものでもないので諦めた。
※RaspberryPiが自宅にあってDebian系なので、まぁ大丈夫だろうという気持ちだった。

社内ISUCONを終えてみて

悔しいの一言。
やりたかったことができなかった。
そんな結果だったと思う。

でも、それが実力であり、課題も沢山見つかった。
(精神的に)失うものもあれど、得るものも大きかったと思う。

ただまぁ個人的には、お世話になりつつも直接会話することが少なかったお二人と、一緒に眺めの良い窓際でわいわいできたのが一番良かったかなという気持ち。
今回出来なかったこと、それはそれとしてどこかで復習すれば良い。
また、社内ISUCONのためだけじゃなく、日々積み重ねていって、いつでも社内ISUCONが開催されて良い状態になれるようになりたい。

とにかくとても良いイベントだったし、参加してよかった。

誘ってくれた二人はもちろん、運営の方々にも感謝したい。



カテゴリー: Daily