先日、GitHub Actionsが使えるようになったので検証を少ししてみた。※こちらの記事を参照

前回は少し触っただけだったので、以前にCircleCIでやったAnsible-Lintの簡単なチェックをGitHubActionsで実装した。

設定するコード

リポジトリ直下に .github というディレクトリを作成して下記2つのファイルを配置する。

main.workflow

workflow "CI Lint workflow" {
  on = "push"
  resolves = "AnsibleLint"
}

action "AnsibleLint" {
  uses = "docker://particlekit/ansible-lint:latest"
  runs = "ansible-lint playbook/roles/*/*/*.yml playbook/main.yml -c .github/.ansible-lint"
}

.ansible-lint

parseable: true
quiet: false
use_default_rules: true
skip_list:
  - ANSIBLE0004
  - ANSIBLE0005
  - ANSIBLE0006
  - ANSIBLE0007
  - ANSIBLE0008
  - ANSIBLE0009
  - ANSIBLE0010
  - ANSIBLE0011
  - ANSIBLE0012
  - ANSIBLE0013
  - ANSIBLE0014
  - ANSIBLE0015
  - ANSIBLE0016
  - ANSIBLE0017
verbosity: 1

これだけ。多分3分くらいあればできる。
これでpushするたびにCIが下記のように実行される。便利。



カテゴリー: Tech