Macで定期実行させるのにcronじゃなくてlaunchdを使う


概要

社内謹製の便利スクリプトがあってそれを定期実行させたいなぁと思ったときにMacでcron回すか〜と思っていたけど、そういえばlauncdを使ったことなかったので試してみたときのメモ。

使い方

下記にxml形式のファイルを置くことでスケジュールできる。


~/Library/LaunchAgents/test.plist

下記の様な形式。


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>Label</key>
<string>test</string>
<key>ProgramArguments</key>
<array>
<string>/usr/local/bin/bundle</string>
<string>exec</string>
<string>/usr/bin/ruby</string>
<string>/Users/myname/path/to/test.rb</string>
</array>
<key>WorkingDirectory</key>
<string>/Users/myname/path/to/</string>
<key>StartCalendarInterval</key>
<array>
<dict>
<key>Weekday</key>
<integer>1</integer>
<key>Hour</key>
<integer>10</integer>
<key>Minute</key>
<integer>0</integer>
</dict>
<dict>
<key>Weekday</key>
<integer>2</integer>
<key>Hour</key>
<integer>10</integer>
<key>Minute</key>
<integer>0</integer>
</dict>
<dict>
<key>Weekday</key>
<integer>3</integer>
<key>Hour</key>
<integer>10</integer>
<key>Minute</key>
<integer>0</integer>
</dict>
<dict>
<key>Weekday</key>
<integer>4</integer>
<key>Hour</key>
<integer>10</integer>
<key>Minute</key>
<integer>0</integer>
</dict>
<dict>
<key>Weekday</key>
<integer>5</integer>
<key>Hour</key>
<integer>10</integer>
<key>Minute</key>
<integer>0</integer>
</dict>
</array>
</dict>
</plist>

ProgramArgumentsにスペース区切りで、プログラムをarrayにして書いていく。
WorkingDirectoryはそのまんま、プログラムを実行してくれる場所。
平日だけ実行させたい場合はこんな感じで書かないといけないようだけど、なんか良い方法があるのだろうか?

登録

launchdに登録するのには下記のように読み込んであげる必要がある。


$ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/test.plist

plistファイルを編集したら、一度unloadしてからloadしないと読み込んでくれなかったのと、loadした状態だとすでに読み込み中とでるのでそこだけちょっと面倒だった。

スリープ時には実行されず、スリープ復帰時に実行されるようになっていた。

総じて、便利そうだしMacが起動していなかったら別に実行されなくても良いくらいの温度感なので思っていることができそうだった。まる。

カテゴリー: ITMac