映画「ファインディング・ドリー」を観に行った

いつもの映画館でファインディング・ドリーを観た。
三連休の21時からの上映だから、周りはもちろん子連れは殆どいない。
いるのはカップルばかりである。

ズートピアの時もそうだったかが、今更おっさん一人がカップルばかりいる映画館に行ったところでダメージなど皆無だ。

ピクサーは大好きなのである。
痛快でベタな展開にこの歳でも一喜一憂する。

今回もそうだった。
涙あり笑いあり。

洋画は字幕で観たいと思うのだけど、ピクサーだけは日本語で見たほうが良い。
日本語吹き替え用にピクサーは色々気をきかしてくれている。

今回はエンディングテーマに八代亜紀を起用していて、八代亜紀が突然アナウンスとかしたり、私は気が付かなかったがさかなクンが声優してたりもする。

お子さんがいなくても、是非見たほうが良い映画の一つだった。

ズートピアを観てきた

先日、よく利用する近くの映画館の会員証が、今月末で期限切れになるというメールを受信した。
期限切れになるとポイントを喪失するらしく、私の場合既に6ポイント溜まっているので映画一回分が無駄になってしまう。
これは勿体無いので、早速更新することにした。

昼間の映画館は夜には無い客層でごった返す。
まだ夏休み前だというのに、子供連れの家族ばかりで大変な賑わいである。
そんな中おっさん一人で受付に行った。
今なら更新翌月まで1000円(500円引き)で映画が鑑賞できるがどうかと提案されたので、かねてより観たかったズートピアを観ることにした。

「何名様ですか?」という、いつもなら聞かれない質問もこの時間だからだろう。

「一人です。」

もう結婚もして子供もいるので、一人かどうかなんていう質問にあたふたすることは無い。
もしかしたら結婚指輪を見てそう聞いたかもしれない。
しかし残念ながら今回は一人だ。というかこの映画館には一人でしか来たことが無い気がする。

そんなどうでもいいことを考えながら3番スクリーンに向かう。

周りは見事に子連れの家族ばかりで、おっさんだけというのは中々に気持ちが悪かったかもしれない。
でも私はディズニーやピクサー映画が大好きなので仕方あるまい。この程度の辱めは甘んじて受け入れられる年齢だ。

さて、肝心の映画だが、TwitterやらCMやらでなんとなく評判が良さ気であったことは知っていたので、期待して観にいったのだが、最高過ぎておっさん一人で感動してしまった。

要約するとこうである。
肉食動物、草食動物が関係なく仲良くくらす現代。
小さいころから警察官になることが夢だったウサギのジュディは、ズートピアという大きな街で念願の警察官になった。
しかし、ウサギであるという理由で大きな仕事を任せられず、駐車違反の仕事を命じられる。
失意の中、キツネの詐欺師のニックに出会い、その後ニックが警察内で大きく問題になっている誘拐事件の手がかりであることが判明する。
ジュディは誘拐事件を解決すべく、ニックと行方不明のカワウソを追うことになっていく。

ストーリーはいつものディズニーらしい定番路線である。
しかし、ディズニーの良いところは海外ドラマよろしく、あるあるネタのようなものをふんだんに盛り込んでくる。
それをCGでやるので、なんでもありでやってくれるのである。
とてもベタなのだけど、子供でも大人でも笑ってしまうようなネタを仕込んでくるものだから、終わったあとにはほっこりできるのだ。

評判に違わず面白い作品だった。

もうすぐピクサーではファインディング・ニモの続編とも言うべきファインディング・ドリーが公開される。
この間やっていたアーロと少年は見逃してしまったので、ファインディング・ドリーは何が何でもみようと思ってる。

おっさんでもディズニーとピクサーは最高だと思う。

ネズミ社長は敏腕だからなぁ。

映画「ヒメアノ~ル」を観てきた(ネタバレあり)

こんにちは、いなむーです。

映画「ヒメアノ~ル」の実写版を観てきました。

主人公の岡田進に濱田岳さん、安藤さん役にムロツヨシさん、ユカちゃん役に佐津川愛美さん、そして犯人の森田役に森田剛さんが出演されてました。
あと、主人公の勤務先の社長役に大竹まことさんが出てて、いい感じで歳を取られてました。久しぶりに観た気がします。

ここから先ネタバレです。

漫画のラストって、森田が捕まってあっさり終わります。
特に主人公やユカちゃんに危害が加えられることもないし、まして安藤さんに至っては彼女もできます。

しかし、映画では全然ラストが異なります。
森田が捕まるのは変わらないですが、森田が主人公とユカちゃんが同棲しているアパートを突き止めます。
そして、ユカちゃんを襲った所で主人公が帰宅し、森田と格闘して、窓から落ちた後に森田が近くに停車してあった車で強奪します。
森田は主人公を拉致しますが、飛び出してきた犬を避けて事故。
そして、森田が捕まって、物語は終わります。

パラレルワールドかっていうくらい内容が大きく違うのですが、原作の胸糞の悪さを良い意味で再現しつつ、しっかりとしたラストを迎えます。

森田役の森田剛さんも最近見ないなぁと思ってたら、俳優などをされてたのですね。
漫画とはそもそも脚本が違うので、漫画の森田とは異なりますが、頭がおかしくなってしまった森田役をよく演じられてたと思います。

原作には無かった、森田と岡田くんの高校の時の関係性や、ユカちゃんの清楚系ビッチ感、安藤さんの立ち位置。
そして岡田くんとユカちゃんとの性描写と和草くんとその彼女が森田に殺されるシーンとのシンク。

これらがよくマッチした脚本で、邦画ならではの恐さが詰まった映画でした。

あと、佐津川愛美さんは正直初めて知りましたが、かなり体当たりの演技で、中々の描写が多かったですね。
綺麗な方の性描写は中々インパクトがありますが、そういったシーンがあってこその映画だったのかなとも思います。
※古谷実の漫画だと大体平凡な主人公にかわいい女の子が偶然彼女になるっていう中二病的シチュエーションが多いので、その辺をカバーしてるかなと。

そしてブログのIPアドレスに見覚えるあるなって思ってdigったら、、あぁとなりました笑

以上。